冊子

同人誌は専門の業者に印刷を依頼|クオリティの高い広告宣伝をしよう

海外と国内の違い

印刷

プレスにかかる費用を調べよう

サークル活動や企業の宣伝などで大量のCDプレス、DVDプレスをするときには手作業でやるよりも、専門業者に依頼する方が早くて安上がりです。では、もし専門業者に依頼したときには、どの程度の価格が相場なのでしょう。CDプレスもDVDプレスも大きな価格差はないのです。若干DVDプレスが高くなるくらいです。海外の工場で500枚をプレスしたときに、およそ4万円から5万円前後かかるのが平均的な価格帯です。プレスする枚数が増えるほど、一枚当たりの価格が安く済むので、1000枚、3000枚の注文のほうがお得です。ただし、プレスするディスクメディアを大容量タイプにしたり、パッケージの製作、納期を短縮できる国内プレスといった方法を選ぶと料金は割高となるのです。海外プレスと国内プレスを比較すると、国内プレスのほうが3割から4割程度高くなるのです。

大切な情報を大量にCDプレス、DVDプレスする

CDプレスやDVDプレスは、一般には発売されていないCDやDVDを作るために用いられる方法です。プレスと似たようなものにコピーがあるのですが、プレスは元々データが入ったディスクメディアを作るのに対して、コピーは書き込み可能な空のディスクメディアに書き込んでいくという方法です。プレスの場合には読み込みの不具合や相性が起こりにくく、安上がりなので大きなメリットを持っているのです。そんなCDプレスやDVDプレスがいつ始まったのかというと、CDプレスはCDが販売され始めた1980年代ごろからすでに登場していたとされているのです。一方でDVDプレスはDVDが家庭に普及し始めた1990年中頃から始まったのです。それからCD・DVDへの需要増加に伴い、安価で大量にプレスが出来る海外生産を受け付ける業者がが2000年代中頃から多く登場したのです。しかし、昨今では円高時に海外プレスの価格が下がりすぎ、続いて起きた円安や消費税増税の影響で値上げをする業者が多くなっているのです。