冊子

同人誌は専門の業者に印刷を依頼|クオリティの高い広告宣伝をしよう

進化したITの技術

インク

CDプレスやDVDプレスとは、CDたDVDの「複製」のことです。しかしながら、複製とはいうものの「コピー」とは違うものです。何が違うのかを説明します。CDプレス・DVDプレスともに、「データーを刻み付けるように保存」します。そのために、耐用年数がコピーのものより長いです。CDプレスとDVDプレスの歴史は、浅い物です。何故なら、CDが普及しだしたのが1980年代だからです。それまでは、アナログだった訳です。CDもDVDも、デジタルでデーターを記憶する訳です。なので、CDプレスもDVDプレスもそれ以降にできたものです。2つのうちでは、CDプレスのほうが早く世に出ています。CDとDVDだと、出来たのがCDの方が早いからです。

CDやDVDのコピーは、長期の保存には向いていないと言われています。長い時間太陽の光を浴びると、コピーしたデーターが消えるということも起こりえます。現在あるのは、音楽や動画のCD・DVDだけではないです。写真など、いろいろなものがデジタルで保存されています。現在は、普及して日が浅いため問題はないです。しかし、今後「データーが消えた」という問題が発生してくることが予想されます。コピーは、パソコンなどを使い手軽に出来るものです。そんなコピーのデーターが消えてしまう可能性があるのは、あと何年か先です。それまでに、CDプレス・DVDプレスが身近な作業になっていると予測できます。コピーのデーターが消える問題が出てくる前に、身近なものになっていてもらいたいものです。